NPO法人 発明商品化協会 -IMA-

(旧・福岡発明研究会)

◆商品化までの流れ

ここでは、アイディアから特許などの申請、
商品化されるまでの流れをご紹介します。

1.アイディアを思い付いた!

文章やイラストで、簡単にまとめてみましょう。
簡単な試作品を作って実験してみると、なお良いですね。

2.せっかく思い付いたアイディア…

とっても役に立ちそうなんだけど、特許が取れないかな?
自分では良いと思うけれど、商品に出来ないかな?

3.そうだ!NPO法人発明商品化協会に相談してみよう!

NPO法人発明商品化協会では、
体験入学をして相談をすることが出来ます。
(※1回のみ)

4.アイディアの権利化や商品化のアドバイスを受けよう!

発明、アイディアに特許などの権利が取れそうか、
商品化の価値があるか、などアドバイスします。

ここからは、個人で勉強していきます。

5.特許などの権利を取るには

「特許出願をしたいけれど、方法が分からない。」
「専門家に依頼しなければ、特許などの権利は取れないの?」
という方へ。

特許出願などを自分で申請できるように、
書類の作成方法や手続き方法を指導します。
自分で出願手続きをすれば、出願実費だけで手続き出来ます。

また、出願のために弁理士の紹介も行っています。

6.アイディアを商品化するには

特許などの出願後は、すぐに商品化をすることが出来ます。

自分で事業化することも出来ますが、
企業に採用して商品化してもらうためには、
企画書を作成して企業に提案します。

企画書作成のアドバイスや、提案先のアドバイスを行います。
また、発明コンクールやアイディア流通展示室を通じても、
商品化の道が開きます。

7.企業と商品化契約

特許の出願中でも、商品化の契約をできます。

商品化の契約によって、契約金や、
商品の売れ具合に応じた特許料をもらうことが出来ます。

契約書作成のアドバイスや、契約のサポートをします。
また、契約時の立会も行います。すべて無料です。
発明家が不利になる契約を避けて、安心して契約できます。

8.発明品の普及と販促活動

商品化された発明は、大勢の人に使ってもらい
社会に貢献することが発明家の喜びです。
売れ具合に応じて、特許料も増えます。